スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上半期終了。ノルマンディーで追加出資。

 気が付けば今年も半分が終わりました。
 宝塚記念はゴールドシップがやらかして波乱となりましたが、当然馬券は取れませんでした。今年上半期の馬券成績はなかなか悲惨なものになりましたね。


 一口戦績もイマイチ。というかサッパリ。
 3歳未勝利馬たちはあまり希望の持てない状況で、個人的には思い切った4頭の出資はどうやら失敗ということになりそうな気配です。
 まあ、まだ未勝利戦はあるので諦めていませんが……。
 それに、1頭でも勝ち上がってくれたのは良かったです。

 現2歳はノルマンディーで1頭だけ出資済みですが、このたびもう1頭出資しました。追加募集されたフラーテイシャスミスの13です。
 父はTizwayというよくわからんアメリカ馬。なんとなく記憶にあると思ったら、JCダートで走っているんですね。
 というわけでマル外です。総額3,440万円也。400口とはいえ低年収の身ではかなりの高額。結構躊躇しましたが、思い切ってポチってしまいました。6月中の出資だと10%引きってところに背中を押されましたね。マル外だけに色々と未知数ですが、ダートで頑張ってくれるのではないかと期待しています。
 現在、残口123口。金額の割にはなかなかの売れ行きですから期待している人は多いのでしょう。
 半兄がベストウォーリアということを考えれば、むしろ安いと考える人もいるのかもしれませんね。

 1歳馬はユニオンでラインナップが発表されましたが、どうにもこうにも興味を引く馬はいませんでした。牝馬としては高額なスズカエルマンボはちょっと惹かれましたけど、満口になってしまったようですね。
 人気どころが早くに埋まった後はギリギリまで様子見が可能かと思われますので、当面は焦ることはないでしょう。


 今日、ヴィンテージイヤーが去勢するというコメントが届きました。
 白井厩舎解散後は転厩して戦績はサッパリ。これくらいの荒療治しか現状打破の策はないのでしょうが……。正直、十分に楽しませてもらったので、無理に現役続行しなくてもいいかなぁと思っています。
 去勢して気性が落ち着けば、どこかの乗馬クラブで引き取ってもらえたりしたらいいなぁ、なんて思いますね。
 どうやら、メタギャラクシーは日本大学の馬術部にいるようです。こういうのを知ると温かい気持ちになります♪


 さて、これから夏競馬。
 未勝利馬たちにとっては正念場。3頭の未勝利馬たちには少しでも頑張って欲しいです。
 2歳出資馬が早くもデビューして勝ち上がって……、なんて人は実に羨ましい別世界の話です(^^;;

ビスカリア未勝利脱出!

 日曜中京1レース、ダート1800mにビスカリアが出走し、見事優勝しました。芝で3戦後、満を持して(?)のダート戦。もともとダート血統ですから期待していましたが、直線追い込んでくれた時は痺れましたね。
 これでようやく2歳馬が勝ち上がり。世代で4頭と、私にしてはかなり多い出資をしたのですが、これで一安心。
 芝でもやれるし距離もこなせそうなので、先々が楽しみです。山内厩舎ですから無理にでも桜花賞を目指す路線に進むかもしれませんが、細々と元気に走り続けてくれたら充分です。

 ノルマンディーの初年度は「ちょっとイマイチ?」という感じでしたが、3歳未勝利戦が終わる頃にはそこそこの戦績。全体的に見てなかなか優秀な勝ち上がり率だと思います。
 G1級の活躍は望めなくても、安い馬で楽しむにはもってこいのクラブだと思いますね。会費が安いですが、サービスは他のクラブに劣らないどころか結構行き届いてると思います。


 阪神ではヴィンテージイヤーが出走するも惨敗。距離が長いのか阪神が合わないのかわかりませんが、この馬はちょっとしたことで大敗してしまいます……。
 次は東京を使う方針かもしれませんが、出たいレースに出れるかどうか……。


 中京と阪神で出資馬が走る中、私はなぜか中山競馬場にいましたw
 久々の競馬場遠征なのによりによって……、って感じですが、ほんの少し馬券も当たって楽しかったです。
 来週は有馬記念。今年もラストランのスターホースが出走とあって混雑するでしょうね。3年連続で有馬観戦を予定しています。有馬は好きな馬を買うレース。まず勝ち負けにはならないとわかりながらもジェンティルドンナを買おうと思っています(汗)

出資馬の近況

 ノルマンディーで出資した2歳牝馬2頭はどちらも順調にすすんでデビューを果たしました。

 ビスカリアは2着→5着→7着。
 徐々に順位を落としているのは気になるところですが、超安馬な上にダート血統ながら芝でこの戦績は立派です。このままいけば勝ち上がりも大いに期待できますが、勝てなくても馬代金を回収できるかもしれませんね。

 エンパイアラインは東京芝マイルで先日デビューして4着。
 こちらもダートだと思っていたのに、芝で善戦したのは良い意味で期待を裏切られましたね。間を空けずに次走を迎える予定。今度はダートも視野に入れるそうですが、ぜひ勝ち上がって欲しいです。


 対して、ユニオンで出資した2歳牝馬2頭。

 アヴェントゥリーナは無事にデビューしましたが3戦して全て大敗。
 3戦とも芝中距離なので、条件を変えればどうにかなるかもしれないという期待はありますが、ちょっと厳しそうです……。

 そして、ユキンコはデビューの目処も立たず。せめてデビューはして欲しいです……。


 時の流れは早く、もうすぐ12月。
 今年も出資馬は目立った活躍はしませんでしたが、ラテラルアーク、ルペールノエルが勝ち星を挙げました。まあ、満足しないとけない結果でしょうか。

 今週はルペールノエルとヴィンテージイヤーが出走予定。どちらも勝ち負けは厳しそうですが、少しでも楽しませてもらえたらと思っています。


 1歳馬についてはまだ1頭も出資していません。
 争奪戦の激しいクラブに加入しているわけではないので、じっくり様子見をしながら検討しようと思っています。とりあえず1つ勝てそうな馬を何とかして探し出したいですね。

近況

 MY看板馬のヴィンテージイヤーとメタギャラクシーは低迷。
 冴えない戦績を残してどちらもお休みに入ってしまいました。ヴィンちゃんは厩舎がもうすぐ解散ということで、もう1つくらい花を咲かせる心づもりだとは思うのですが、何しろ気難しくなったような気がします。
 メタ君は年齢もあってそろそろ限界でしょうか。まあ、潔く引退となっても仕方ないですし、ズルズルと現役生活を引っ張ってもそれはそれで歓迎です。たとえ賞金を持ってこれなくても、元気に走り続けてくれたら嬉しいですね。

 ユニオンの現3歳はなかなかの不振ですが、この世代ユニオンの唯一の出資馬ラバリックは宝塚記念の日にようやくデビュー。そしてタイムオーバーという実に無惨な結果となりました。これはもう溜め息しか出ません……。
 デビューが遅くなるであろうことは覚悟していましたが、まさかここまで遅くなるとは思いませんでしたし、既走馬相手に苦戦するとは思っていましたがまさかここまで……。
 まあ、仕方ないですね。

 その前日、ノルマンディーの唯一の出資馬ラテラルアークが5番人気で快勝。
 これは驚きましたね。完全に諦めてましたからね(;´∀`)
 前走が単勝万馬券の低人気で3着と変わり身を見せましたが、さすがにここから芝の未勝利を勝ち上がるのは厳しいと思っていました。少しずつ馬を育てていった一流厩舎の手腕でしょう。さすが昆厩舎といったところ。
 MY出資馬の芝レース勝利はワシリーサ以来という……。てか、勝利自体が超久々であります。


 そういえば、ユニオンのサイトがリニューアルされて、ようやく他クラブ並みに近代化されました。メール配信サービスは嬉しいですね。うっかり出資馬の出走を見逃すことがなくなります。
 ノルマンディーには以前から同様のサービスはあるのですが、登録をしていなくて、先日のラテラルアークは見逃してしまいました(笑)。さっそく登録しましたよ。


 さて、2歳馬はユニオンのアヴェントゥリーナとユキンコの牝馬2頭。
 どうも、どちらも早期デビューは難しそうです。ユキンコに至ってはデビューできるのかどうかすら怪しい……。このままでは稼働馬がどんどん減っていき、一口ライフがつまらなくなっていきそうな危機感。
 
 ・・・・ってなわけで、急遽ノルマンディーで2歳を追加出資しました。

◆ビスカリア(フサイチジェット×ヴァーミリアン)
◆エンパイアライン(サクセスビスケット×エンパイアメーカー)

 どちらも牝馬。しかも明らかなダート馬っぽいのですが(;´∀`)
 ビスカリアは一口2万円という低価格ですし、どちらも400口ですから負担も少ないので、厳しい家計状況でも何とかなることでしょう。


 「今さら社台系クラブには入りたくない」という頑固であまのじゃくな性格は、ただただ損するだけのものでしょうが、方針を変えるつもりはありません。
 クラシックとか無謀なことは言いませんから、どうか1つ2つと勝てますように……。

ヴィンテージ出走&ノルマンディーOC

 今週日曜、ヴィンテージイヤーが出走します。休み明け2戦目で、前回よりメンバーレベルが落ちる印象。今回は人気を集めそうですね。引き続き、鞍上はウチパクで頼もしい限り! 期待しています!


 さて、最近は一口出資にあまり熱を入れすぎないように自制しておりました。この趣味は際限のない人間の欲望を果てしなく煽り立てる危険極まりないもの。なので、貧乏人としては「のめり込まないように気をつけなければ!」と強く思うわけです。経済面のみならず、出資馬に思い入れが強くなりすぎると、アクシデントなどが起きた際に精神的に多大なダメージを受けてしまう恐れもあります。

 そんなわけで、頃合いを見計らってこの趣味をヤメることも考えているわけですが、そういう気持ちと全く矛盾する……、100%矛盾することをやっちゃいました。

 ノルマンディーOC入会。
 タニノシスターの2011出資。


 へっへっへ……。よりによって非社台系の新規クラブで、しかも最もミーハーな馬を選択。「ウオッカの弟」なんて、いかにも走らなさそうですが、まあそんなことは覚悟の上。
 会費が安い。400口と小口。少ない可処分所得の中でもなんとかなるだろうと思います。
 総額3000万というのは結構お高めで、ペイできる可能性は低そうですが、世の中には億を超えるクラブ馬だっていますからね。走る走らないを抜きにしても、ウオッカの下の牡馬と考えればむしろ安いのではないかと思います。セールに出せばもっと高く売れたのではないでしょうか。「募集総額」という観点で見ると、個人的にはかつてシチーで出資したサンデーサイレンス産駒の牝馬4000万に次ぐ高額馬であります。
 とりあえず、無事にデビューできますように……。

テーマ : 一口馬主 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。