スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新種牡馬

 ユニオンで最初の出資馬に選んだワシリーサことアロールーシーの07。あのアローキャリーの妹であります。
 父はストラヴィンスキー。「父は地味」だなんて以前書きましたが、種付料はそこそこお高い新種牡馬だったんですねぇ。サラブレを読んで初めて知りました(汗)。なんでも、“打倒社台”ということで日高勢が導入した期待馬だそうです。サラブレでは「新種牡馬リーディングの本命」とまで書かれているのでビックリ(゚д゚)! 本当にそうなるといいんですけどね~。マル外としてコンゴウリキシオーなどが活躍していますので大コケすることはないと思いますが、SS系独占状態の中どこまで頑張れるでしょうか?
 
 他に新種牡馬ではタップダンスシチーに期待したいところ。友駿での最後のMY出資馬になるかもしれない、ミスザイールの07(プレザントシチー)がいます。この馬の活躍次第で友駿HCをいつ退会するのか、あるいはしないのかが決まります。
 タップダンスシチーといえば、安い種付料で繁殖牝馬を多数集めることに成功しましたが、今でも出資会員が所有しているんですよね。種付料収入が一口出資者に分配されるってケースは史上初だそうです。リスクも背負いますが、実に羨ましい話であります。初年度産駒が活躍して種付料UPなんてことになれば……。夢が広がりますなぁ。

 ところで、一口出資において、“新種牡馬”って選択は結構ギャンブルですよね。なんだかんだ言っても、走ってみないとわからないですし。・・・・って話になるとよく出てくるのが、かつて鳴り物入りで導入されたラムタラですが、ワタクシも友駿HCでラムタラ産駒に出資しましたよ(汗)。

 さあ! SS系の勢いは当分続きそうですが、ストラヴィンスキーとタップダンスシチーはどこまで頑張れるでしょうか? 他にも、ビッグレッド岡田氏が導入したロージズインメイにも注目が集まりますね。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。