スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一口馬主の採算性

 勢いでユニオンへ入会しちゃったものの、これから馬代金や会費、維持費を捻出していくのはなかなか大変そうです。何しろ薄給でカツカツの生活してますからね。

 僕の収入で、出資馬が未出走や未勝利続きだったりすると、なかなかヤバイ状況になることが予測されます。
 シチーならそれでもなんとかやってこれましたが、ユニオンは200口募集がメインですので、維持費がそこそこかかります(500口のシチーと較べて単純に2.5倍!)。

  では、低年収なワタクシが一口出資を続けるためにはどうすればよいのでしょうか?

①収入アップを図る
②日々の生活で節約する
③出資馬がたくさん賞金を稼いでくれる

 ・・・・不景気な今、①は無茶な話。②はすでに頑張っていますし、僕レベルの低年収じゃなくて平均レベルな収入の人でもこのご時勢は実践してますよね。

 となりますと、③に期待せざるを得ないわけですが……。
 “一口出資で儲ける”なんて考えがいかに甘いものかは、シチー会員をやってきてイヤというほど実感しました。
 “ちょっと競馬好き”ってレベルの人に、「一口馬主って楽しそうだしやってみたいな。儲かるの?」なんて訊かれましたら、相手がドン引きするくらいの勢いで、
「儲からんからヤメとけ(#゚Д゚)!」
と答えますね。えぇ。
 
 まあ、中には、何の気なしにキャロットへ入会して、「初めて出資した馬がシーザリオでぇ…、あとはアロンダイトとかブルーメンブラットとかに出資してそこそこ儲かっちゃったよ、テヘ♪」なんて強運な方、素晴らしき相馬眼の持ち主もいらっしゃるかもしれません。
 社台・サンデーくらいのクラブになれば、ちょっと引きの強い方でしたらトータル計上でプラスな会員さんも結構いるかも……。
 
 しかし、儲かってる一口会員なんてごく僅かでしょう。大抵は収支マイナスだと思われます。
 そもそも、ドライに馬を金融商品として捉えてみましたら、とてもじゃないですがハイリスクすぎて手が出せませんよね。「儲かればいいな」「ダービーとか勝っちゃったりしたらいいな」とは思うものの、あくまで夢を買うようなもので、宝くじ的な感覚であります。あくまで一口出資は趣味であって投資と考えるべきではないでしょう。

 というわけですから、
③出資馬がたくさん賞金を稼いでくれる → 出資馬がなるべくたくさん賞金を稼いでくれる
 くらいの控え目な心持ちでいるべきですね。

 トータルでプラスに、なんてことは言いません。具体的な目標数値を掲げるなら、馬券の控除率25%から考えて、一口出資も75%程度は回収したいところですね。
 75%なんて、ちょっと控え目に聞こえるかもしれませんが、これでもなかなかハードルが高いであろうことは、一口出資者ならおわかりでしょう。
 
 ユニオンは総額1000万円程度の比較的お安い馬が多いです。この程度の募集額ですと、2~3勝して下級条件で入着を繰り返せば元が取れると思います。
 まあ、2~3勝してっていうのが実に難しいわけですが、そこまでいかなくとも1勝プラスαで多少は回収できます。
 早期デビューができそうで、丈夫で健康そうな馬を選ぶのがポイントでしょうね。
 ・・・・なんて言いながら、馬選びはロマンとか思い入れとかで決めちゃうんでしょうけどね(汗)。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。