スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルタ快勝&今週はメタ

 土曜日に出走したバルタザールは見事優勝してくれました。2歳のこの時期に勝ってくれるなんて嬉しい限りです。これにてボンヌマールの2011も満口となったようですね。この兄弟のオールJRA勝ち上がり記録は次の世代も達成して欲しいところです。次はディープでもつけてセレクトセールに出せば高く売れるんじゃないでしょうか?(笑)

 なんちゃら2歳Sに出て欲しい気持ちもありますが、ソエを痛がっているというジョッキーのコメントもありますし、ここで一休みでしょう。脚元が治まれば芝チャレンジもありそうで楽しみです。

 それにしても、ゲート練習が難航していた時期は先が思いやられましたが、こんなに早く結果を出してくれるとは……。「大人びた」「古馬みたい」なんてコメントを聞くことができるなんて驚きです。馬は成長するものなのですね。競争能力はわかりませんが、気性面は兄貴より大人で賢いのではないでしょうか。

 今年はヴィンテージイヤー以来の2勝目。久々の勝利とあって、この土日はいつも以上に飲んだくれました♪ ひと世代で2頭ペースの出資では、なかなか「優勝」という場面にめぐり合えないのは仕方のないこと。むしろ、未勝利馬ばかり引き当ててしまい稼動馬がいなくなるなんてケースも充分に想定できるわけです。それを考えますと、ボンヌマールという血統と縁を持つことができて幸せですね。

 さて、改修後の中京ダート1200mの2歳戦は初施行だったらしく、バルタザールの勝ち時計は「基準タイム」としてレコードタイムに準じた記録として残ることになりました。初施行なんだから当然ですが、これは誇らしい気分になれますね。エッヘッヘ。
バルタレコード

 しかし、翌日の新馬戦で呆気なく更新され(笑)、短い短い記録ホルダーでした。まあ、こんなものでしょう。
 で、記録を更新したメイショウユウダチは9馬身差の圧勝。これがなんとメイショウボーラー産駒であります。ボーラー産の大物誕生でしょうか。この子は要注目ですね。ボーラー産というだけでなく、バリバリのメイショウ血統である点も特筆すべきところ。
 現時点で暫定ボーラーの代表産駒であるヴィンテージイヤーは、メイショウユウダチにその座を奪われるかもしれません。ボーラーファンとしては大物誕生に期待したいところですが、複雑な心境ですね。ヴィンテが秋には大きく成長してますように……。


 少ない出資馬が順調に稼動してくれるのは嬉しい限り。今週はメタギャラクシーが特別登録をしています。小倉のKBC杯。思ったほど登録数は多くありませんが、それでも除外の可能性あり。なんとか出走が叶って欲しいです。小倉は相性がいいですからね。まあ、メンバーは強力なのですが(汗)。
 
 前走に引き続き、残念ながら予定があってレースを見ることができないのですが、良い結果に期待したいです。
 あ。間もなくラジオNIKKEI第2がスマホアプリのradiko.jpで配信されるらしいですよ。これで、テレビもラジオもない環境でもレース実況を聞くことができます。便利な時代ですね。今週メタが出走となれば、出先でradikoから音声中継を聞いて応援することになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。