スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘くない

 再ファンド適用となったダンテスクの地方でビュー戦は、良いところなく6着という結果でした。スタートが決まらなかったこと、久々であること、大幅な馬体重、初めてのダート短距離と敗因はいくらでも挙げられそうですが、期待していただけに残念です……。一度使って変わってくれることを願っています。距離を延ばして欲しいですね。果たして中央復帰は叶うでしょうか?

 日曜の天皇賞は、オルフェーヴルが大外枠に入ってしまって、非常に注目が集まりますね。食傷気味のサンデレ勝負服馬であっても、前走で一気に個性派スターの仲間入りを果たした馬だけに、楽しいレースになってくれることを期待しています。現役最強馬が個性派っていうのはいいものですね(;・∀・) そもそもステイゴールド×マックイーンという競馬ファンに非常に馴染みのある血統。これがメジロの勝負服でユタカさんが乗っていたりすればもっと盛り上がったんだろうなぁ、なんて思います。

 俄然注目の集まるG1の1つ前のレースが端午S。このレースも地味に注目を集めるレースとなりそうです。何しろ、今後の3歳ダート路線を占う馬が大挙出走。この路線、オーブルチェフという大物が一時戦線離脱したものの、次から次へ強い馬が誕生して、非常にハイレベル。抜けているのはイジゲン、バンザイ、ハタノヴァンクールあたりでしょうか。我らがヴィンテージイヤーはせいぜい伏兵です。ブックもギャロップもほぼ印はありませんでした。
 紛れに期待できるような舞台ではありません。今後もありますし、ガチンコ勝負でこれらの馬と互角に戦ってくれることを期待します。ユニコーンSはこのメンバー+α(フリートストリート、ストローハットなど)と超強力になるはず。そこを目指すなら、ここである程度の結果を残さないといけないでしょう。
 かつて京都で大敗したこともあり、正直なところ期待よりも不安ばかり膨らみますね(;´∀`) 人気がないのなら気楽に見ていいのですが……。そうだ、どういう結果になっても和田Jのせいってことにしようw(`・ω・´)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。